抗がん剤の副作用は治療の見直しで軽減しよう|元気に過ごすヒント

聴診器

漢方の力を借りる

ドクター

抗がん剤による副作用を受けない方法としては、漢方をもちいたがん治療に取り組むことが挙げられます。がんへの抵抗力がある漢方は様々であり、症状に合わせて調合し、飲むことによってがんの克服に近づくことができます。継続的な摂取が必要になってくるので、漢方にとても詳しい人への相談が重要になってきます。信頼できる治療プランを組んでもらうことで、がんの深刻化を食い止め、安心して過ごせる生活を取り戻せるでしょう。なお、がん治療として注目されている漢方といったら、十全大補湯や小柴胡湯、人参湯が挙げられ、免疫細胞であるマクロファージやリンパ球を強化することに繋げられます。がんの殺傷力が養われれるので、抗がん剤が必要なくなります。

副作用による身体への影響を抑えるために漢方療法は用いられますが、漢方薬以外にも身体の調子を整えるには、毎日の生活習慣を見直すことも重要です。特に免疫力の強化が重視されるので、これらの劣化を招くような習慣は避けておきたいところです。睡眠不足やストレス、栄養不足が影響する場合もあるため、十分に休息をとり、栄養を補っておくことでがんに強い身体に変わることができます。このように抗がん剤による副作用の負担を減らすためにも、身体自体を強くすることが重視されます。抗がん剤の副作用の影響をもたらすことなく、特殊な技術を用いてケアをしてくれる医院は増えつつあるので、気になったらネットでの評判を元にチェックしてみるのも良いでしょう。